アートト

スクール

TOP

21世紀に入って20年経った今、アートはどのようなものになりつつあるでしょうか。全世界に広がった疫病によってあらゆる活動が勢いを失い、生活文化は予期していなかったものになりました。これまで人間が作り上げてきた価値や生き方が見直されている時代、アートもそのあり方を問われているのかもしれません。アートは何か、そしてこの時代のアートは何をとらえ、投げかけるのか。アーティストやキュレーター、研究者とともに見て、考えます。

2021年度は、4つの基礎コースと選択制の視点のプールの15レクチャーを少人数で開講します。レクチャーは、基本的には対面で行いますが、場合によりオンラインで実施することもあります。

基礎コース

視点のプール

視点のプールは、現代アートと同時代の関係について、一歩踏み込んで考えるための選択制レクチャーです。同時代のアートをはじめ、身体とアイデンティティ、カタストロフ、記憶とアーカイブ、グローバルスタディーズまで、5つの視点15レクチャーを開講します。

ゲスト講師

  • 荒木悠

    美術家
    Photo: 大野隆介 / Ohno Ryusuke

  • 今井朋

    アーツ前橋学芸員

  • 沢山遼

    美術批評

  • 成相肇

    東京国立近代美術館主任研究員

  • 西川美穂子

    東京都現代美術館学芸員

  • 桝田倫広

    東京国立近代美術館主任研究員

  • 百瀬文

    美術家

  • 森元庸介

    東京大学大学院総合文化研究科准教授

  • 森弘治

    美術家

  • 森田浩彰

    美術家

基礎コースと視点のプール以外のプログラム

只今、開講講座はございません。

カレンダー