アートト

ライティング・アドヴァンスト(WrA)

スクール

ライティング・アドヴァンスト(Wr A) 全6回 定員8名

2022年9月〜12月 土曜日 16:00〜18:00

作品や展覧会のレビュー、また自ら取り組んでみたい企画案を文章にまとめて伝える力を磨く6回のコースです。作品や展覧会をよく見ることからはじめ、自らの視点と考えを文章にまとめます。本コースは、過去にライティングを受講した方や作品や展覧会のレビューなどを書いたことのある方を対象としています。全ての回は小澤慶介により行われます。

本コースでは、次の3つの文章を書きます。

  • 作品のレビュー
  • 展覧会のレビュー
  • 展覧会やイベントなどの企画案

作品のレビューを書く

10月1日(土)16:00-18:00


作品のレビューを書きはじめます。作品を見ることで得た情報や感覚、経験をディスカッションをとおして共有し、書くべきことを整理します。

作品の成立背景と同時代性

10月15日(土)16:00-18:00


作品が表したり言及したりしている事柄について関連する文献や資料を読み、作品を成立させている社会的・歴史的背景について理解を深めます。作品を取り巻く知識や情報に触れることで、レビューを説得力あるものにします。

展覧会のレビューを書く

10月29日(土)16:00-18:00


都内で開かれている展覧会を事前に見学し、レビューを書きはじめます。タイトルやコンセプト、作品の関係をどう読み解いたかについて、ディスカッションをしながら見極めます。

タイトル、コンセプト、作品の関係を読み解く

11月12日(土)16:00-18:00


結論を明示し、それを導いた理由を書き足してゆき、自らの視点と考えを伝えます。途中で迷ったら、結論に立ち返り、それとの関係が崩れないようはじめから終わりまで論旨が一貫するよう心がけます。

企画案を考える

11月26日(土)16:00-18:00


日頃から考えていることや疑問に思っていることから展覧会やイベントなどの企画を考えはじめます。自らの関心を客観的に捉え、それを他者に向けて展開するにはどのような形式にしたらよいでしょうか。ディスカッションをとおして探ります。

企画案の発表とまとめ

12月10日(土)16:00-18:00


企画案の発表を行います。タイトルや主旨、概要、参加者などの情報をコンパクトにまとめ、わかりやすい言葉で伝えます。発表後は、受講生たちからフィードバックを受け、さらなる展開の可能性を検討します。また、全6回のまとめも行い、受講生たちが得た視点や考えについて分かち合います。